ブログ

2017-05-30 08:15:00

5月も残すはあと2日、時の流れの早さにおべる(出雲弁:おどろく)この頃です。

 

地域の皆さんはゴールデンウィークを中心に、5月中旬頃には田植えが済み、近所の田んぼには小さな苗が風にそよそよ、ほっとした雰囲気ですが、つちのと舎はこれから!6月3日に「ちいさな田植えまつり」をひらきます☆

 

 

 

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

  ちいさな田植えまつり

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 つちのと舎の3年目の米づくり。
 今年はもう一枚、休んでいた田んぼに起きてもらいました
 (ほぼ手作業で田んぼに戻しています。)
 米の品種は自然農の福岡正信さんが伝えた種・ハッピーヒル。
 うるち米ともち米を育てていて、
 こちらの苗もおかげさまで順調です。

 そしていよいよ田植え!
 無農薬・無肥料・ハデ干しで育てる米です。
 ぜひ一緒に田植えをしませんか?

 

 【 日 時 】6月3日(土)9:00〜15:00頃 (途中参加可

 【 場 所 】つちのと舎(雲南市木次町寺領1019-22)

 【 参加費 】500円(昼飯やはしまの材料費として)

 【 持ち物 】田植えができる服装、飲み物、タオル
  ※ 多くはないですが、ヒルが出るときがありますので、
   気になる方は田靴や手袋をご用意ください。

 【 申込み・問合せ 】tsuchinotoya@gmail.com
            080-4130-0225

 

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 

 

昨年は苗作りがうまくいかず、5畝ほどの田んぼが埋まらないくらいの田植えだったのですが、去年の教訓を活かして、今年はいい感じで苗作りが進んでいます。

 

つちのと舎虹.jpg

 

 

植物を育てることは、人と地球をつなぐ虹をかけること。 by.浩己

こうして順調に育った苗たちは、世田谷から友人夫妻が来てくれた日に、一緒に作業して田んぼにおろしました。
( ある日の農村民泊 )

 

苗づくりすることと、今年はもう一枚、休んでいる田んぼに起きてもらおうと、日々、早起きして田んぼに向かう浩己。

出張から帰ってきた裕美が見たのは空が映るようになった2枚目の田んぼ!



IMG_1986.JPG

 

地道に手と鍬で草をとっています。

大きく起こさないので、雑草の種を起こさずにすむのか、1枚目の田んぼの1年目は奇跡的なくらい雑草が生えなかった方法です。

 

これはまわりの休耕田。こういう状態からのスタートでした。

IMG_1994.JPG

 

 

定点観測的な位置からの写真

IMG_1989.JPG

 

 

二つあわせて、一反を越えるくらいになります。

1枚目の5畝の田んぼだけでも、二人で自給するくらいは収穫できるので、

2枚目の田んぼはカフェで使う分となりそうです。

 

順調に育っている苗ちゃん

IMG_1991.JPG

 

ハッピーヒルのもち米も、今年は植えてみます。年末、餅つきしたいな〜

 

隣のまだ休んでいる田んぼには、木いちごが生えてきていて、おやつによさそう^^

 

IMG_1995.JPG

 

 

自然のめぐみと、先人の営みに感謝です☆