ブログ

2016-07-01 19:30:00

つちのと舎のブログを、ウェブサイト内に移してみることにしました。

これまでのブログはそのまま置いておきます。

3月21日の春分の日に「種の交換会とスローシネマカフェ」を開いたことを書いて以来、なんだかぱたぱたとした日々にブログを書きそびれ、気がついたら7月になりました。この3ヶ月、いろいろあったことをふりかえって書いてみようと思います。

 

 ***

 

この3ヶ月の最大の出来事は、「オイル」という演劇に参加したことでした。

 

オイル.jpg

 

東京ではほとんど関心を持つことがなかった演劇というもの。
古事記を動いてみたいという興味などから、雲南市民演劇に参加し、舞台に立つようになりました。

 

そして今回の「オイル」

 

野田秀樹さんの作品で、国譲りの神話と戦中戦後が重なり、原爆や征服と被征服など難しいテーマを扱う物語。初めは見るのを楽しみにしていたのですが、3月11日の朝、ふと「オイルの世界を動いてみたい」と浮かび・・・オーディションを受けて、古代出雲人のヨナレヲセヌヒトと戦中戦後の出雲人をする、アンサンブルとして参加することになりました。

 

物語の解釈や表現などすごく難しいことがたくさんあって、稽古場が重たい雰囲気になることも多々あったのですが、参加しているひとりひとりの、何とかこの舞台を作り上げたいという気もちが高まり、まさに「総力を結集して」の公演となりました。大変だったけど、公演が終わって、お客様の反応を見て、この舞台に参加できて本当によかったと思いました。

 

ヨナレーズ.jpg

 

移住していなかったら出会うことのなかった世界。

文化や芸術は都会の方が・・・と言われることが多いけど、私はむしろ雲南でその世界が広がりました。